色々な建造物

保険比較ポイント

呼ばれて振り向く

自転車保険に加入する時には、様々な保険を比較しながら自分に合ったものを選んでいきますが、特に保険比較の際に見ておきたいポイントは対人賠償の内容です。自転車事故のほとんどは、自動車や歩行者との接触事故と言われており、特に対人の場合は自転車側に責任があります。対人補償はどの自転車保険にもついていることがほとんどですが、保険の料金によって補償の金額も異なります。対人で事故が発生した場合、事故の大きさによっては相手が入院を必要とする場合や後遺症が残る可能性もあるので、自転車保険の対人補償は1億円程度の金額が補償できる保険会社を選んでおくと安心です。毎日のように自転車を使う人ほど事故の可能性も高くなるので、対人補償は比較の際にはチェックしておくとよいでしょう。

自転車保険を比較する時には、示談交渉サービスがついているかチェックすることも大切です。特に最近ではあたり屋も多いので、このサービスは見逃せない部分になります。示談交渉サービスといっても各保険会社で内容は異なりますが、基本的いは任意保険基準による示談交渉と、弁護士基準の示談交渉に分けられます。弁護士基準の場合であれば、別途弁護士費用補償の特約もつける必要があるので、少し保険料が割高になるケースがほとんどです。しかしながら法律のプロである弁護士が示談を進めてくれるので安心感は大きいといえます。最近では示談交渉サービスをつける人の多くが弁護士の補償もつけると言われています。自転車保険比較の際にはこうしたサービスもチェックしておくとよいでしょう。