色々な建造物

選ぶときの注意

オフィスレディ

自転車保険を比較する時には、実際に事故で自転車保険を利用した人の事故内容を知っておくことが大切です。保険をみるときには、どうしても入院保険に目がいくケースが多いですが、実際に事故を起こした人の多くは通院程度の怪我であることがほとんどです。最近の自転車の入院保険金は低くても3千万円から5千万円位が平均と言われています。この時に注意しておきたいのが、入院補償と通院補償は別である保険会社も多いという点です。入院保険が充実している自動車保険でも、通院の際には補償が一切利用できないというケースもあるので、保険比較の際には注意してチェックしておくことが大切です。

自転車保険を選ぶ時には、有名な会社だからという単純な理由で選ぶのではなく、補償内容を重要視する必要があります。比較的有名なブランド保険の場合、保険料が高いこともあるので、小さな保険料でもできるだけ大きな補償を受けられるところを選ぶのが良いでしょう。小さな会社でもしっかりした補償があれば充分ということを頭にいれたうえで比較するのがポイントです。一人暮らしの学生や上京している子供がいる場合、子供と一緒に生活していない場合でも、子供まで補償してくれる自転車保険もあります。保険を受ける人と生活スタイルに合わせて保険は選ぶことができるので安心です。こうしたポイントをおさえることによってより自分にあった保険を選ぶことができます。